留学をする意味とは何かというテーマで、この時代に海外留学することの自分なりの考えをまとめました。

アメリカに留学すればチャンスが広がる!

海外留学で考える留学の意味

海外留学といえば、視野を世界に広げ、日本だけでは身に着けられない知識を学んだり、海外で行われている最先端の研究に従事するために留学されるなど、人によって様々な動機があるのではないかと思いますが、なぜ留学を志すのかといえば、そこには日本の中だけでは収まりきらない夢、あるいは大志があるからではないかと思います。人の社会とは時と共に変化するもので、その時代にあった最先端の知識を学び、取り入れることが必要とさる場合があります。国の行く末や人生の展望を考え、日本の中だけではわからないもの、見えてこないものがあるのだとわかったとき、自分自身の将来を海外に託し、新しい道を切り開こうといった決断を下す。そのような人々が少なからず存在します。

海外には日本と全く異なる世界が広がっています。言葉から文化、風習、制度、歴史など、日本では当たり前だったことがそうではなかったり、また世界でも日本の暮らしや社会と共通する点を感じることができたりして、日本の外の世界という場所でその地に、住む人たちが一体どのように生きているのか。それを自分の目で見て、肌で感じることができるだけでも大きな収穫となるはずです。しかもそこでは海外の暮らしだけではなく、海外の大学など研究機関の質の高さにも触れることができます。人を育てるのは人との出会いです。勉強や研究を通して海外の豊かな才能を持つハイレベルな人々と接することで、自分自身のセンスが磨かれ、才能が開いていくことが実感できるでしょう。